広告業界内で転職した体験談をご紹介します!

ようこそいらっしゃいました!

まずは、自己紹介をさせて頂きます。

先日、中小の広告会社から広告会社への転職活動を無事終えました、関西在住の27歳男です。

1社内定、1社最終面接後辞退で、転職活動を終えました。

 

広告業界内でプランナーとして転職しました

main

職種はプランナーです。元々プランニングとクリエイティブ制作をしていたので、経験のある職種内での転職です。

広告業界内の転職ですので、業界や職種的に参考になる部分も、ならない部分もあるかもしれませんが、ご興味のある方はどうぞお付き合いください。

 

転職活動の流れ

転職活動の期間でいいますと、2月〜4月下旬までの3ヶ月間です。

(聞くところによりますと、3ヶ月程度で決まる方が多いとのこと)

大まかな流れは、新卒の就職活動と同じです。

書類選考→面接→(SPI)→面接→内定というような流れです。

面接の回数や、SPIの有無は会社によって違いますが、面接は大体2〜3回くらいの会社が多いです。

SPIについてはとても面倒ですが、やっておいて損はないのでコツコツでも勉強しておきましょう。(個人的には転職活動でこれが一番面倒でした)

 

新卒就職と既卒転職の違い

新卒の就職活動と基本的には同じですが、大きく違うところが2点あります。

ひとつは、転職エージェントを使えるところ。

これは大きなメリットです。お金はかかりませんし、ぜひ活用すべきだと思います。この点に関しては、別記事で詳しく記載しますが、私は3社登録して活用し、最後は転職エージェント経由で決まりました。

おすすめの転職サイトについては各記事の中で紹介していますが、別途転職サイト ランキングなどをご拝見頂きご検討いただければと思います。

ふたつ目は、基本的に中途採用は「即戦力」を欲しているというところです。現状の自分の能力をシビアにチェックされます。

もちろんこれは受ける会社によって違いますし、転職活動者の年齢によっても違う部分ではあると思いますが、その人の伸びしろや、モチベーション、社風とマッチするか等とともに、ある程度現状の能力も判断されるというのは頭の片隅に置いておいた方がいいと思います。

 

広告業以外の方の転職について

このサイトでは広告業の転職にフォーカスを当てていますが、他の職業の方にも参考になる部分があると思います。

特に、活動の仕方は基本的に変わりませんのでご参考頂けますと幸いです。

また、特殊な職種、特に医療系の看護師や薬剤師の方は転職サイトが異なってきます。こういった医療系の看護師や薬剤師の方は薬剤師 転職サイトなどが別にありますのでそちらをご覧下さい。さらに医療系でもカテゴリーが特化しているもの、例えば美容外科などはさらに転職の仕方が変わってきます。美容外科はいわゆるクリニックですが、類似のもので美容皮膚科などもあります。これらについては、美容外科 求人サイトの比較ランキングなどを拝見頂き応募すると良いでしょう。

また、私はあまり縁がありませんがIT業界の場合も特化した専門の転職サイトが効力を発揮します。

とにかく専門性の強いIT 転職する時はやはり業界や現場の仕事を熟知した転職エージェントにサポートを受けたほうがよいでしょう。

例えば、マイナビIT転職エージェント、Greaan、レバレジーズなどが有名ですが、上記のサイトで詳しく取り扱われていますのでご参考下さい。

転職は自分を見つめなおす機会

最後に、転職活動は単なる仕事探しではなく、自分のこれからを見つめなおす大切な機会になります。

自分がこれからどうなりたいかをしっかりと考えて活動しましょう。