転職エージェントの特徴:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は業界最大手の転職エージェントです。

情報量の広さや、取り扱っている求人の数は圧倒的です。

ジャンル問わず万能型という印象。大手を狙うならとりあえず登録しておいて損はないと思います。

面談にて、単純な求人情報だけじゃなく、転職市場の動向なども雑談を交えながら色々と教えてくれます。

キャリアコンサルタントの方は、50代の方だったのですが、さすがリクルートという方でした。話すのも聞くのも、うまいなぁと感心しました。

面談後は、ヒアリング内容をもとに「パーソナルデスクトップ(PDT)」という専用ページに求人情報が届くので、気になったところをピックアップしたらワンクリックで応募ができます。

このPDTという専用ページに、おそらくシステムで自動マッチングして選んでいる様々な求人の情報が随時届きます。

正直、年収や業界、職種的に全く希望と沿わない会社の求人が届く事も多いですが、将来のキャリアについて一考し、視野を広げて考えるという意味で個人的には助かりました。

20代は、まだキャリアチェンジの可能性も広がっている時期だと思うので、たとえあまり興味が持てない業界や会社の情報でも、知識として知っておくのもいいと思います。

私が利用していたときは、ちょうど導入期だったのか「検索」で希望の求人を探す機能が出来てきているところでした。

私は利用しませんでしたが、面接対策のセミナーや、職務経歴書の添削やアドバイスなどのサービスも受けられるようですので、不安な方は利用するのもいいと思います。

デメリットとしては、大手だけに担当者との距離が遠いところです。求人情報もシステムでの自動配信ですし、やりとりもメールくらいで、あまり電話をする事もないので、希望に添った求人を細やかに紹介、サポートしてくれるといったイメージはありませんでした。

Comments are closed.