強みと弱みの考え方

面接で「自己PR」のようなものは必ずあると思いますが、会社によっては「強みと弱み(長所と短所)が聞かれる場合があります。

自分の強みやアピールポイントについては、ある程度答えを用意してくると思うので、問題ないと思いますが、案外短所はその場になって何を言っていいかわからなくなる事もあると思います。(私も詰まってしまったことがありました)

「自分の短所はいっぱいあるが、果たして面接の場で言う事なのか・・」と判断に迷う事があると思います。

そんな時に役立つのが「自分の強み、長所を裏返してみる」ということです。

長所と短所は表裏一体です。例えば、「決断力があり行動的、テキパキと仕事をこなす」という長所は「慎重さに欠ける、向こう見ずなところがある」と言い換えられるかもしれません。

今までの仕事の経験についてもそうで、前述の「自己PR」の項目で、私は「多様な仕事に携わり、広く知識の幅があること」をアピールポイントとしていたと書きましたが、裏返すと「ひとつの能力なら任せろと言えるスペシャリスト」ではなく、浅く広くの知識のジェネラリストだといえ、弱みであるとも言えました。「だからそこに問題意識を持っていて・・・」と続けていました。

逆にひとつの事だけをやってきた人であれば、見識の幅が狭く、俯瞰したものの見方が苦手であると言えるかもしれません。

このように、強みと弱み、短所と長所を紐づけて考えると分かりやすく、説明もしやすいと思います。

また、無理に表裏一体にしなくても自分の短所をちゃんと課題として自覚していて、それをどう改善しようと努力をしているのかを伝えられればいいと思います。

おそらく面接官が見ているのはそこで、「ちゃんと自己分析ができているか?」「その短所を今後どうしていこうと思っているのか?」に答えられるようにすればいいと思います。

Comments are closed.